« 自由意志 | トップページ | 脳と計算 »

2007年8月19日 (日)

脳と数字

脳の中で、「数字」がどのような意味を持っているかをイメージしてみます。

Suujikihon01 <数字の意味>

数字を、音声記号意味に分解してイメージすると、左図のようになろうかと思います。

(左図は、記号から音声と意味が再現しているイメージです。)

Suujix01 <数字と文字の違い>

数字は、0~9までの記号の、どの組み合わせも可能で、組み合わされた記憶のすべてにおいて意味を持っています。

例えば、1-7-4でも4-1-7・・・でも、どんな組み合わせも可能で、すべてに意味があります。

Suujiy01 一方、文字は、何でも組み合わせができるわけではありません。特定の組み合わせだけが、特定の意味を持っています。

Suujiz01 記憶とは、回路のムラのことなので、文字は、記憶になります。しかし、どんな組み合わせもできる数字は、回路が均一化してしまうため、記憶になりません。(何も組み合わされないのと同じです。左図)

よって、数字の羅列は、とても記憶しづらく、簡単に忘れてしまうことになります。

|

« 自由意志 | トップページ | 脳と計算 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳と数字:

« 自由意志 | トップページ | 脳と計算 »