« 犬の嗅覚の話 | トップページ | 脳科学の限界1(脳の階層構造) »

2008年1月20日 (日)

心の種明かし

「マジックショー」を見ていると、まるで魔法のようです。「きっと種がある!」と思っても、それが全く分かりません。あるいは、何か特殊な仕掛けがあるようにも思われます。

ところが何年か前から、テレビ番組などで、有名マジシャンが「手品の種明かし」をするようになりました。見事なトリックに感心する反面、「なんだ・・・その程度なら・・・」という気にもなります。まさに、コロンブスの卵です。

    Tejina01

一方、このブログのテーマである「人の心」も、まるで魔法や特殊なカラクリがあるように見えます。そして、それに対して「心の種明かし」も、手品のように簡単かもしれません。

そこで、難しい哲学や科学、あるいは議論や討論などでなく、手品師のトリックをヒョイと手元で見てみるという感覚で、このブログは作られています。

ただし、1枚のカードを言い当てる手品に色々なトリックがあるように、心にも様々な解釈があると思われます。それを踏まえた上で、幸運にもこのブログで「心のトリックが見抜けた」と感じる人が生ずれば大成功! そんなときは、どこかにコメントやトラックバックを残しておいてください。そうすれば、万が一、こういう考え方が主流になったときに、心の謎を知ってしまった第1号集団の一人になれます。(自信も確証もありませんが・・・そういう気持ちでいると少し楽しいので・・・。)

なお、「種明かし」が分かると、この問題で悩んでいる人を見おろして優越感に浸れる反面、誰かに理解してもらいたくなるものです。しかし、このブログを閲覧している人は、それほど多くはありません。よって、「心の謎が解けた!」と大騒ぎしても、一笑にふされるか、無視されて終わりです。そんなとき、例えば自分で説明するのが面倒な場合などに、このブログを紹介していただけると幸いです。

・・・ということで、また、面白そうなテーマが見つかったら記事を加えるつもりです。(いつになるかは未定ですが・・・。)そのときも、ぜひここに立ち寄って下さいますよう、よろしくお願い致します。

<なお、初めてこのブログをご覧の方に対しまして、記事の数が多いので、以下の順に見ていくと解りやすいかと思われます。

「サルでも解ける・・・」→ 「魂の正体」→ 本館「人造人間の作り方(概要)」→ ・・・

難解なものもあると思いますので、簡単そうな所だけを見てやってください。>

|

« 犬の嗅覚の話 | トップページ | 脳科学の限界1(脳の階層構造) »

コメント

どうも!風折留亭です。
貴兄の心の捉え方、僕も全く同じように感じています。
若いころから日頃のさまざまな出来事の中に心の仕組みを解きほぐそうと思って生きてきました。

還暦をとっくに過ぎた今、貴兄と同じく心の仕組みは非常に単純であったと思っています。
経験したことを受容し、そのように作られて行く・・それ以上でもそれ以下でもない・・まあそんなことを僕のブログでは僕の子供たちに遺言として書いておこうと書き綴っています。

貴兄の人間解析の「ロボット」の一つが僕である(笑)
貴兄のこのBLOGは既成の学説にとらわれすぎない優れた考え方だと敬服しています。

一つ一つの言葉が的確に僕が思う「心」を表現されていると思います。
ぜひ完成させて、世に出してください(^_^)

投稿: 風折留亭 | 2008年1月26日 (土) 11時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の種明かし:

« 犬の嗅覚の話 | トップページ | 脳科学の限界1(脳の階層構造) »